こんな形まで?ユニークな切手のかたち

形別に集めたい!面白い形の切手いろいろ

世界中で使用されている切手ですが、定番の四角以外にも様々な形の切手が作られているということをご存知でしょうか。切手の形やサイズは公式に規定されていないので、日本だけではなく世界中で色々な形、大きさのものが生み出されているのです。日本で一番よく見かける切手は縦が22.5cm、横幅が約18cm前後の長方形の形をしたものですよね。この他に、正方形や三角形、中にはデザインされたモチーフの枠に沿うように台形や星形に切り取れる切手まで存在します。こういった特別なサイズの切手は特殊切手と呼ばれ、継続的に発売されるシリーズ物から、何かの記念で作られる限定物まで毎年多くの種類が発売されているんですよ。
ちなみに海外で多く発売されている四角以外の切手は三角形のものが多く、中でも二等辺三角形の切手は様々な国で発行されています。

まだまだある!世界で見つけた変形切手

四角や三角などは変形、特殊切手の中でもメジャーな形ですが、それ以外にも面白い形の切手は沢山あります。例えば、六角形や八角形などの多面形の切手が作られている国もあります。日本ではあまりなじみのない七角形という形の切手もあります。
もちろん、角ばった形だけではありません。究極の曲線といえば円形ですよね、切手にも丸い形をしたものが存在します。切り取るのが少し大変そうですが、封筒に貼ってあったら可愛くてうれしくなってしまいそうですね。ほかには、ハートマークや楕円形、半円のほかに自国の形を模して造られた切手などのも存在します。このように、形やデザインを含めると切手の小さな面積の中にはとても多くのオリジナリティがあふれています。自分の好きな形の切手が見つかると、集めるのがより楽しくなりそうですね。